日本に数人しかいない「幻の占術 神綾(しんりょう)鑑定術」伝承者が読み解く!

神綾鑑定術とは?

「かみ」「あや」「かんていじゅつ」と書き
「しんりょうかんていじゅつ」と読みます。

 

「綾」というのは、綾織物の縦糸模様と横糸模様が、

斜めに交わる様に織り出したサマを言います。

 

この「綾織」になぞらえて、神綾鑑定術という学問が編出されました。

神綾鑑定術では、この縦糸を「神の教え導き」とし、横糸を人間になぞらえています。

神はこの「教え導き」と言うものを自然界に、そして人間社会の、

ありとあらゆるところに形として示し、現しています。

 

即ち、この縦糸の間を横糸の如く人間が、その「神の教え導き」によって、

日々生活をしていき、運命が形造られて一生を終るという、、、

綾織りなすこの意を根底に持って、

神綾鑑定術は目に見えない「神の教え導き」というものを看破し解明して、

その都度人々に、人間の言葉に置換えて、

わかりやすく伝え、アドバイスをし、安心立命を与え、多くの人々に貢献しております。

 

 

壱から0までの神は、縦の繋がりのある神で、夫々に働きが違っております。

これ等の神々の働きによって、横に繋がりのある多くの八百万神が生れ、

現象世界を夫々の立場を受持って納めています。

この八百万神は、地神とも言って、縦の神の働きを混ぜ合わせ持って居ます。

そして、天意を持場、持場で活かしています。

 

この世は森羅万象全てが、天神のみ心(創造)の現われであります。

勿論、人間の身体の中にも、天神の働きが夫々に備わっております。

宇宙間の働きは、壱から始まり0で終り、この繰返しであります。

太陽と月は、陰、陽を形に現したものであります。

この世の中の動植物は、火風水(三原素)によって営まれており、

どの一つが欠けても命あるものは生きてゆけないのです。

 

天地の間にあるこの三原素から、栄養素を吸収し、活用して、

初めて神意が動かされて行くのであります。

この三原素の中にも壱から0までの、神の働きが含まれ、

私達生ける者の手助けをしてくれているのです。

 

「鑑定方法」

鑑定をする時間が重要であり、日時分秒で判断していきます。
まず主になる方、及び関わる方の生れ月日、質問、相談等々を受けてから、
その後鑑定をする時間が重要になってきます。
時間に厳密で、例えば何か見たり聞いたりしてどうなのか?
と思った内容も鑑定でき
吉凶、可否がすぐに出るのも驚きです。
尚且つ、初年、中年、晩年、一代の運勢もみることもできるのが
非常にユニークな特徴でもあります。

この秘伝の鑑定術は代々伝承され、歴史は闇の中で今まさに幻の占術と言われおります。